単衣の着物の美しき夢

着物買取専門店の口コミ評価ランキング|着物買取のオススメ業者.net

長襦袢の裄丈をあわせて着よう!

メンズ着物のおしゃれポイントは、まず、長襦袢は裄丈があうことが第一です。見えないようでも袖の内側は何かのはずみで見えてしまうものですから、メンズ用の着物であれば、袖布だけを化繊の洋服地でもいいので、気に入った色柄にしておきます。半襟や長襦袢の袖に好きな色を特別に染めてもらうとしても、贅沢とはいえないほど手軽なものです。自分だけの色合いをもつだけでも気分はよくなりますが、着物とおなじくらい真剣に色合いは選ぶことが大切になります。 目を留めた婦人に褒めてもらえれば、面映きに照れて言葉少なになっても、まんざらでもないという表情になるものです。メンズ用の着物は年齢や体格だけではない、着る人の持ち味、人間味が覗くもので、さらにその着物のの後ろにある女人の心意気がよそ目にも感じられるものになります。また、お茶室などでは立ち上がるときに長襦袢の裾などが後ろからみえてしまいますので、裾の汚れには注意が必要です。